市長選挙

桐生市長選挙 開票結果速報2019|情勢予想・出口調査・立候補者の公約は?

本記事では2019年の統一地方選挙後半戦から4月21日に執行される群馬県桐生市長選挙開票速報及び開票結果をお伝えします。

 

開票結果は地元自治体やNHKなどの当確出口調査・開票速報などが発表され次第リアルタイムで追記していきます

 

今回の桐生市長選挙の立候補者はいずれも無所属で元市議の伏木康雄氏(36)と県議から転身した荒木恵司氏(60)の新人2名同士の対決となります。

 

その他、桐生市長選挙に関わる告示日や投票日・期日前投票期間、立候補者の公約(マニフェスト)や経歴、情勢予想、当選者落選者の得票数・投票率についてもまとめていきます。

桐生市長選挙2019の開票結果速報・NHKの当確出口調査最新情報など

桐生市長選挙2019の開票結果は開票速報が発表され次第随時こちらに追記していきます。

自治体の選挙管理委員会事務局やNHKなどの最新の当確出口調査情報などが入り次第随時更新していきます。

 

  • 執行理由:任期満了
  • 定数・立候補者数:
  • 有権者数:人
  • 投票率:%
  • 開票時間:
  • 開票場所:

桐生市長選挙2019の立候補者の経歴・公約は?

桐生市長市長選挙2019に立候補した立候補者の主な肩書や経歴、公約情報は以下の通りです。

 

地元有権者の方は事前にどの立候補者に投票するかよく考えておきましょう。

荒木 恵司(あらき けいじ)の経歴やプロフィール

  • 名前:荒木 恵司(あらき けいじ)
  • 現年齢:60歳
  • 性別:男
  • 党派:無所属・新人(自民 推薦)
  • 肩書き:元県議
  • 学歴:青山学院大学法学部 卒業
  • 職歴:大学卒業後、呉服卸 荒木商店代表を務める。2003年に桐生市議会議員初当選、2期8年の間に、市議会議長、市監査委員を歴任。2015年の群馬県議会議員に初当選。しかし、この市長選の準備のため任期途中の2018年に県議辞職。現在に至る。

 

<市議会での実績>

『議会改革』に積極的に取り組み『議会報告会・意見交換会』を市内各地での開催や『議会基本条例』の制定に尽力。

『議長交際費の公開』や「委員会への市民傍聴の実施』など、開かれた議会と市民参加の促進を実現

主な公約・政策主張

桐生独自の「子育て・教育環境」を目指して

  • 桐生から世界にはばたく人材をそだてる「桐生独自の教育プログラム」の創出
  • 妊娠・出産・産後ケアから、ひとり親支援まで切れ目のない子育て支援
  • 子どもの命を守る専門係の設置 …

人口減少対策に全力投球!

  • 交流人口を増やし、関係人口を構築し、定住人口に結び付けます
  • 国際化に伴う外国人人材との共生と環境整備
  • 空き家、空き地、市営住宅の空き部屋の対策を積極的に進めます …

産業振興と雇用の拡大・もっと民間活力を!

  • 産学官そして金融機関とも連携強化で起業や研究を積極サポート
  • 経済も地産地消を推進します
  • 市営施設の健全経営と民営化を検討 …

市民力を生かした観光誘客!

  • 伝建群(桐生しんまち伝統的建物群保存地区)を桐生の顔に。統一感ある整備を
  • 桐生八木節まつり、各種のイベントでの観光誘客する市民団体を積極的に支援 …

安全・安心の暮らしづくり

  • 「真に助けを求める人に寄り添う」安心の福祉・介護の充実へ
    新たな相談窓口の設置
  • 厚生病院の改革と改善に取り組みます …

生きがいと健康のまちづくり

  • スポーツ施設・河川敷公園の整備
  • 廃校跡地の有効利用の検討 …

便利で快適な、交通網の整備!

  • 公共交通の利便性を高め、交通弱者を守るとともに、交流人口の増加を図ります
  • 北関東道のアクセス道路・国道50号の4車線化を進めます …

荒木けいじOFFICIAL SITEより







伏木 康雄(ふせぎ やすお)の経歴やプロフィール

  • 名前:伏木 康雄(ふせぎ やすお)
  • 現年齢:36歳
  • 性別:男
  • 党派:無所属・新人
  • 肩書き:市議
  • 学歴:中央大学法学部法律学科 卒業
  • 職歴:2011年 市議会議員に出馬・初当選。2期8年務め、現在に至る。

 

<主な所属団体>

  • 桐生市消防団
  • 桐生商工会議所青年部
  • 桐生市末広町商店街 理事
  • (公社)桐生青年会議所 理事
主な公約・政策主張

<桐生市がすべきこと>

  1. 市長退職金を廃止
  2. 企業及び新規事業立ち上げに積極的な財政支援!
  3. 子育て世代への住宅購入支援!

<桐生市のリスクとチャンス>

  1. みどり市との合併問題
    • 生活圏を共有する間柄。清掃センター、し尿処理施設、斎場、消防組織、厚生病院など多くの公共インフラ施設を共有している関係ですが、各施設はすでに初期の耐用年数は超えている状況です。そろそろ新規施設建設の検討に入らなければなりません。みどり市との合併が進まない理由は、両市合併における経済効果の算定を桐生市長が避けてきたからです。もし、私が桐生市長であったならば、すみやかに合併における経済効果の具体的な数字を算出し、それを根拠にみどり市民をまわります。 みどり市議やみどり市長に遠慮することなく、桐生市長みずから、みどり市民を回って説得に走ります。
  2. 市庁舎新設建替え問題
    • 現市長は市庁舎整備基本方針案を発表しました。示された方針案は、現在の市庁舎が建つ同じ場所に、新しく市庁舎を建設するというもの。実際には100億を超える建設規模になるでしょう。 少子高齢化にあえぎ、財政が厳しい桐生市にとって、私は大いに問題があると考えています。 理由は以下の3つ。
      1.  渡良瀬川の氾濫があった場合には、現市庁舎は、最初に水没する地点のひとつ
      2. 経済効果の乏しさ
      3. 三つ目の理由は、場所。市政の中心地は桐生市発展と共に、まちの南側へと移り替わってきている
    • 以上の理由から、私は新桐生駅横に立つ平和跡地のビルを活用すべきだと考えています。
  3. 新しい自治の形をつくる 町会・自治会支援(詳細省略)
  4. 群馬大学桐生キャンパスがなくなる!?(詳細省略)

伏木康雄 オフィシャルWEBサイトより







桐生市長選挙2019の情勢予想・当確予想は?

亀山市政に批判的な立場から、市議をしながら3年前から準備をしてきた伏木氏と、県議を辞め退路を断って1年準備した荒木氏。新人2人の選挙戦となりました。

 

荒木氏は既存の後援会だけでなく事業団体の支援を取り付けるなど組織を広げ、支援団体を回って足場固めを続けてきました。

 

一方伏木氏は、50人を超えるボランティアと自転車で市内を回る「草の根運動」で支持をひろげています。

 

桐生市の争点はやはり「みどり市との合併の是非」でしょう。

 

亀山市長は合併に向けて交渉を続けてきましたが、市が誕生して10年余りのみどり市に、市制変更の「煩わしさ」を受け入れるだけの材料を提供できなかったのではないでしょうか。

 

この点に関する伏木氏の説明には説得力があります。詳細は公式ウェブサイトをご覧ください。(上記「公約」にもまとめています)

 

一方、荒木氏は

『桐生・みどり未来会議』の設置を提案します!みどり市との連携で、効率的な行政を
未来に向かってこの地域のあり方、広域事業や施設のあり方を定期的に協議し、効率的な行政連携を進めます。

この一文があるのみです。

 

一般的な文言が並ぶ荒木氏と、困難をチャンスと受け止め桐生市独自の問題を丁寧に説明している伏木氏。

 

現状では「伏木氏に市長になっていただかないと市民は困るのではないか」言い過ぎとは思いますが正直な気持ちです。

 

しかしまだ時間はあります。

荒木氏も合併問題については十分検討しているはずですし、その考えに妥当性があり、組織力を行使すれば十分逆転は可能でしょう。

 

今後の両候補の活動から目が離せない選挙戦になりそうです。

桐生市長選挙2015の開票結果・当選者得票数・投票率

以下は桐生市長選挙2015(前回)の開票結果・当選者の得票数・投票率情報などです。

今回の選挙戦と比べてどれだけ投票率や定数が変化したのか、ご参考にしてください。

結果得票数氏名年齢性別党派新旧主な肩書き
23069亀山 豊文64無所属桐生市長
21130大沢 幸一71無所属無職、元群馬県議会議員
12752相沢 崇文39無所属無職、元市会議員
  • 告示日:2015年4月19日
  • 投票日:2015年4月26日
  • 定数・立候補者数:1 / 3
  • 執行理由:任期満了
  • 有権者数:97,458人
  • 投票率:59.35%

桐生市長選挙2019の告示日や投票日・期日前投票期間など

最後に桐生市長選挙2019における告示日や投票日・期日前投票期間などについてご紹介します。

地元有権者の方は棄権することなく、貴重な一票を行使するようにしましょう。

  • 告示日:2019年4月14日
  • 投票日:2019年4月21日
  • 投票所:
  • 期日前投票期間: